恥ずかしいくまはとりあえずメイクで隠す

目立つ目のくまはとりあえずメイクで隠す

 

目の下にくまがあると、顔全体が暗い印象に見えてしまいます。
体調が悪いわけではなくても、顔色が悪く見えてしまい、あまり周りに良い印象を与えないでしょう。

 

くまができてしまう原因と言えば、睡眠不足を思い浮かべる人が多いかもしれません。

 

しかし、くまは睡眠不足以外にも、加齢・ストレス・眼精疲労・色素沈着などが原因でできてしまうことがあります。
そのため、十分な睡眠時間を確保するようにしてもくまが消えないことがあり、多くの女性たちが悩んでいます。

 

規則正しい生活を送るように心掛けてもくまが消えない場合には、ひとまずメイクで隠してしまいましょう。
ファンデーションやコンシーラーを塗ると、くまを綺麗に隠せることがあります。
初対面の人に会わなければいけないときや、パーティーなどの明るい雰囲気の場に行かなければいけないときなど、とりあえずメイクで隠してしまうのもひとつの方法です。

 

ただし、メイクでくまを隠すときには、ファンデーションのパフなどで目元を擦りすぎないように気を付けましょう。

 

目元を擦って刺激を与えてしまうと、色素沈着を起こして余計にくまが酷くなる恐れがあります。

 

ファンデーションやコンシーラーを塗るときには、優しい力で塗りましょう。

 

 

コンシーラーの厚塗りは老け顔の原因

 

口紅

 

ファンデーションやコンシーラーを塗ることで、目立つ目元のくまを隠すことができます。
睡眠不足でできてしまったくまは、生活習慣を見直せばすぐに改善できるかもしれません。

 

しかし、くまができてしまう原因は人によってさまざまで、中にはすぐに消すことができないくまもあります。
そのようなくまは、メイクで一時的に隠してしまうと良いでしょう。

 

くまを隠すためのメイクで役立つのが、肌に馴染むコンシーラーです。
ファンデーションで隠すのも良いですが、パウダーファンデーションを厚塗りしすぎると粉っぽくなってしまいます。

 

くまだけでなく、しみ・そばかす・ほくろなども綺麗に隠せるコンシーラーなら、粉っぽくならずに自然にくまを隠せるはずです。

 

ただし、コンシーラーでくまを隠すときには、ファンデーションと同じく厚塗りに注意しましょう。
厚塗りしすぎたコンシーラーは、時間が経つにつれて、汗や皮脂などでよれてしまうことが多いです。
メイクがよれるとしわが目立ち、老け顔に見えてしまうことがあります。
顔の印象を良くするためにコンシーラーを塗ったのに、老け顔に見えてしまっては逆効果です。

 

コンシーラーでくまを隠すときには、頻繁にメイク直しをする必要があるかもしれません。

 

 

今話題の○○でくまを隠すメイク術

 

ファンデーションは粉っぽくなってしまいますし、コンシーラーはメイクがよれると老け顔に見えてしまいますし、くまをメイクで隠すのは意外と大変なことのように感じます。

 

とは言え、今すぐにくまを消すことはほぼ無理な話ですよね。
そこで、今話題の「オレンジ系の口紅」でくまを隠してみてはいかがでしょうか?

 

目元のくまを隠すために口紅を使うというのは意外なことのように感じるかもしれませんが、実は結構効果的なメイク術です。

 

オレンジやピンクなどの明るい色は、青みを抑えて血色良く見せてくれます。

 

そのため、くまで青黒くなってしまっている目元にオレンジ系の口紅を塗ると、青みが抑えられて血色良く見えるのです。
塗りすぎるとオレンジが主張しすぎてしまうので、くまを隠す程度に少しだけ塗ってみましょう。

 

また、オレンジ系の口紅をすぐに用意できない場合には、オレンジまたはピンク系のチークを塗ってみるのも良いでしょう。
口紅ほど皮膚に密着しないかもしれませんが、発色の良いチークならしっかりとくまを隠せます。

 

コンシーラーのように、よれるとしわが目立ってしまうということもないので、老け顔を防止できるでしょう。

 

アイキララはこちらから↓