目のクマを取る病院での施術方法

なかなか治らない目のクマを治すためには

 

目のクマに長年悩まされている人はとても多いはずです。

 

ダイエットやニキビケアのように上手くいかず、何をやってもクマが消えない!と失望している方もたくさんいるのではないでしょうか?

 

最近は、さまざまな施術を行う美容外科や美容皮膚科が増えています。

 

そのため気になるクマを病院の施術で治すという人も多いのではないでしょうか。

 

一般的に、病院ではどんなクマ治療を行っているか知っていますか?

 

 

病院で行っているクマ治療

 

ハイドロキノン処方

 

一番簡単かつ費用のかからないクマ治療が、ハイドロキノンです。

 

ハイドロキノンは皮膚の漂白剤ともいわれている薬で、最近は低濃度のハイドロキノンを配合したスキンケアも販売されています。

 

目のクマが茶クマの場合、原因は色素沈着なのでハイドロキノンを塗ることでどんどん白くなりクマも薄くなっていくでしょう。

 

確実性はありませんが一番気軽に出来る治療方法ですし、もちろんハイドロキノンを塗るだけでクマが治るという人もいます。

 

最初のクマ治療には最適なのではないでしょうか。

 

レーザー治療

 

次に多いクマ治療が、レーザー治療です。

 

目元に医療レーザーを照射することで、目の下のコラーゲンやヒアルロン酸の生成を活性化し、皮膚を新しく生まれかわらせて、ターンオーバーを促進します。

 

即効性があり、一度だけでもかなりの効果を得られるでしょう。

 

レーザー治療はクマだけではなくほくろ除去や脱毛等にも使われているので安心して施術を受けることが出来ますし、整形手術にも分類されません。

 

濃いクマは一度だけでは改善が難しいかもしれませんが、多くの病院で施術を行っている、安心して受けることが出来る治療方法でしょう。

 

ヒアルロン酸注入

 

肌にもともと存在している成分である、ヒアルロン酸。

 

スキンケアや美容ドリンクにもよく配合されていますよね。

 

そんなヒアルロン酸を注射で直接注入することにより、皮膚の保湿力が高まり、肌がふっくらとし、クマはもちろんたるみも除去し弾力のある肌を作ることが出来ます。

 

一度で確かな効果を得られますしそこまで費用も高くないので、ヒアルロン酸注入を行う人が増えているそうです。

 

ヒアルロン酸は時間経過とともに肌に吸収されて行きいずれ効果を失ってしまいますが、だからこそ安心して気軽に受けられるという人も多いでしょう。

 

しかしヒアルロン酸注入は人によってはプチ整形に分類される施術なので抵抗がある人も多いかもしれませんね。

 

レーザーやハイドロキノンとは異なる施術なので、よく考えてから施術を受けましょう。

 

脱施術

 

最近多い施術が、脱施術です。

 

これはたるんだ目元、クマ、筋力の衰え等目元の悩み全般を解決するために、下まぶたを切開し余分な脂肪を取り除き目元をすっきりさせる施術となっています。

 

施術はあくまでまぶたの裏側から行う経結膜脱脂術であるため傷もつかず、ダウンタイムも少なく「切らない整形施術」といわれています。

 

メスを入れる整形手術ではなく、メスを入れない「プチ整形手術」なので比較的気軽な気持ちで施術を受ける人も多いでしょう。

 

他のどのクマ治療よりも確実な効果を実感できますし、スキンケアだけでは出来ない様々な目元のアンチエイジングを一瞬で行うことが出来ます。

 

しかし費用も高く、「整形」に近い分類の施術なので抵抗がある人も多いかもしれませんね。

 

 

美容外科や皮膚科で行えるクマ治療方法はたくさんあります。

 

しかし最近はクマ改善専用スキンケア等も販売されているため、スキンケアだけでも十分クマを改善できるのではないでしょうか。

 

病院での施術は確かに確実性が高いかもしれませんが、リスクや費用も掛かってしまうでしょう。

 

安心安全格安で目のクマを改善したいのであれば、まずはアイクリームから試すことをおすすめします。

 

アイキララはこちらから↓