アイクリームの効果的な使い方

アイクリームを塗るのは朝?それとも夜?

 

目元のくすみやくまを解消し、健康的で若々しい印象を与えるためにはアイクリームなどの専用ケア用品が不可欠です!

 

毎日きちんと洗顔をして化粧水や美容液、クリームなどを使っている人でも、それだけでくまは解消しませんよね?

 

肌の調子が良くてもくまだけはどうにもならない・・なんて嘆いている人も多いはずです。

 

そうなんです!くまは普通の肌ケアだけでは決して消えることのない頑固なもので、くまに効果的に働く成分がたっぷり含まれたアイクリームが必要です。

 

このアイクリームは朝塗るのが良いのでしょうか?それとも夜?

アイクリーム

私がおすすめしているアイキララ朝でも夜でも使えるタイプなので、効果が早く出るように一日二回使った方が良いかもしれませんね!

 

 

夜使う場合は洗顔後いつも通り化粧水で肌を整え、アイキララを気になる部分にトントンと優しく馴染ませ、馴染んで来たら全体に伸ばして浸透させます。

 

この時、決して強く押したり刷り込んだりしてはいけません!

 

目元の皮膚はとても薄いので肌荒れや色素沈着が起こってしまう可能性があるからです。

 

その後、いつも通りの乳液やクリームでケアして完了です。

 

 

アイクリームを塗ったまま外出して大丈夫?

 

もし、アイクリームに日焼けしやすい成分が入っていたら、塗ったまま外出するのは危険ですよね?

 

日焼けしやすい成分とは、○○油や○○オイルなどの油のことで、これが含まれていると油焼けする可能性があるので注意が必要なのです。

 

その部分だけ日焼けしたり、シミやそばかすができてしまっては大変です!

日焼け

しかし、一般なアイクリームにはそのような成分は含まれていないので安心して大丈夫です。

 

もちろんアイキララにもそのよう成分は含まれていませんし、目元をしっかり保湿して一日を過ごせるので、塗った方が肌には良いのです。

 

目元のくまやくすみは老化だけではなく、紫外線や外からの刺激も原因になります。

 

ですから、しっかりアイクリームを塗り肌に刺激を与えないことと、紫外線が強い日はサングラスで目元を守ることも大切です。

 

最近はお洒落だけではなく、目を守るため日焼けを防ぐためにも夏はサングラスを使うことが推奨されています。

 

瞳から入る紫外線をシャットアウトすることで肌への刺激を減らすことが可能だと言う不思議な研究結果があり、最近はそれを取り入れる人が多くなってきたようです。

 

 

夏は暑いだけではなく電車や学校、オフィスではエアコンで冷えや乾燥が気になりますよね?冬も同様に外に出ると目元は色々な刺激にさらされてしまうので、保湿が何よりも大切です。

 

顔全体の保湿には気を配る人が多く、特に頬が乾燥しないようにクリームや美容液などを使いますよね?

 

しかし、目元に関しては特別なケアをしない人が多いので、年齢と共にくまやくすみに悩まされる人が多いのです。

 

目元の皮膚は他の部分に比べてとても薄く刺激を受けやすいので、専用のケア用品を使ってしっかりケアしましょう!

 

日焼けは肌の老化の原因になります。
しわやシミ、くすみは紫外線の影響が大きく、しっかりケアをしないとどんどん悪化します。
目元のエイジングケアについては、こちらをご覧ください→エイジングケアに欠かせないアイクリームの役割

 

 

アイキララはこちらから↓