コラーゲンが肌に与える影響

美容成分の定番・コラーゲン

 

コラーゲンは、肌の真皮の7割を構築している成分です。

 

皮膚は表皮、真皮、皮下組織という層で構築されていて、真皮は皮膚に弾力をもたらしたり潤いを保つために欠かせない層といっても良い部分でしょう。

 

コラーゲンがなければ、真皮が弾力不足になり若く美しい肌を維持することが出来なくなってしまうのです。

 

年齢を追うごとに美容成分はどんどん失われていき、真皮もどんどん弾力がなくなり、たるみ、シワが出来る原因となってしまうでしょう。

 

若く美しい肌を保ちたいのであれば、コラーゲンを補う必要があります。

 

 

そもそもコラーゲンとは?

 

コラーゲンは、タンパク質の一種です。

 

人の体内は2割がタンパク質だといわれており、そのうちの三分の一はコラーゲンで構築されています。

 

真皮層はもちろん、体の骨や軟骨や靭帯をつなぐためにも欠かせない成分であり、万が一コラーゲンが不足すると怪我をしやすくなってしまうでしょう。

 

その弾力のおかげで骨同士がぶつかる衝撃を和らげ、クッションのような役割を担っています。

 

食品からも摂取出来る成分で、ふかひれ、鶏肉、手羽先等に特に豊富に含まれているのではないでしょうか。

 

他にもゼラチンもコラーゲンと同じ成分です。

 

いずれもぷるぷるとした弾力が特徴的な食品ですよね。

 

コラーゲンは体内でも新陳代謝を行うことにより構築される成分となっていて、アミノ酸から生成することができます。

 

しかし20歳を境にどんどん体内での生産量が減り、肌の弾力も骨同士のクッションとしての役割も不足してしまうでしょう。

 

コラーゲンが足りなくなると、全体的にたるみ、しぼみ、シワができやすくなってしまうのです。

 

また、年齢だけではなくそのほかの影響で失われることもあります。

 

例えば、新陳代謝が低下すると当然十分に体内で構築されることが出来ずに不足してしまうでしょう。

 

紫外線を浴びたり活性酵素が蓄積しても、体内でコラーゲンが固くなってしまい十分な役割を果たせず、また新しい成分も作ることが出来ずに不足状態に陥ってしまいます。

 

 

コラーゲンが不足すると何が起こるのか?

 

コラーゲンが不足すると、肌の老化が進行してしまいます。

 

その為しわ、たるみ、弾力不足の原因となってしまうでしょう。

 

しかし、それだけではありません。

 

美容的観点だけではなく、健康にも様々な弊害を及ぼします。

 

コラーゲン不足で起こる主な症状は以下の通りです。

 

  • 白髪・抜け毛・薄毛の増加
  • 関節痛・リウマチ
  • 骨粗しょう症の恐れ
  • 動脈硬化の恐れ
  • 老眼の進行

 

体のさまざまな部分のクッション代わりと担っている成分なので、不足すると体をカバーすることが出来なくなってしまいこれらの症状が起こりやすくなってしまうのでしょう。

 

その為、肌を美しく保ちたい人はもちろん、健康的な体を維持したい人も欠かせない成分なのです。

 

もちろんコラーゲンが不足した肌は明らかに老化し、水分量が足りなくなり、どんどん弱まっていきます。

 

最近はスキンケアや美容食品等コラーゲンが配合された商品がどんどん増えてきましたね。

 

美容のためにも健康のためにも、コラーゲンを補う習慣を心がけてみてはいかがでしょうか。

 

アイキララはこちらから↓